Apeaceデビュー5 周年初の主演映画「Once Again」公開記念舞台挨拶「Apeaceは俺の誇りだ!」

 

2011 年デビュー、東京・恵比寿の専用劇場で、約3年半で2199回というロングラン公演を行いファンを魅了。現在は専用劇場外での活動をメインとし、その幅を広げ人気を得ているメンバー総勢12 人のイケメン&身長180 センチ超男性K-POPグループApeace の初の主演映画「Once Again」の公開記念舞台挨拶が11月21(土)角川シネマ新宿にて開催され、Apeaceと共演の桃瀬美咲、川村エミコが舞台挨拶に登壇しました。

出演者は、温かい拍手の中登壇。Apeace「みなさんこんにちは!We are Apeace! 今日も よろしくお願いします」という声を揃え挨拶。

IMG_5388.JPG

ドゥファン:今日は忙しい中、 僕たちの初主演映画を観に来てくださって本当にありがとうございます。今日も幸せな時間を過ごしていきたいと思います。
スンヒョク:映画を観て、泣いているかたもいらっしゃると思いますが、僕たちと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。最後まで応援よろしくお願いします。
ワンチョル:僕にとって本当に思い出がたくさん残った映画なので、皆さん楽しみながら観て、理解できないかたは、是非もう一回観てください。よろしくお願いします。
セヒョン:初日、こんなに来ていただいて、嬉しいです。今日は映画のエピソードなど話をしてながら、皆さんと楽しい時間を作りたいと思いますので応援よろしくお願いします。
ヨンウク:初めての映画の挑戦でしたが、皆さん楽しかったですか?これからもいろいろ挑戦をしていきたいと思いますので、映画を最後まで楽しんで、今日もいい思い出を作ってくださいね。
ヨンウォン:今日映画の舞台挨拶ができてとても嬉しいです。
ウォンシク:今日はこの映画を観に来てくださり本当にありがとうございます。今日この映画を観て、一緒に温かい時間になってほしいです。
J.D:この映画を観てくださって本当にありがとうございます。今日も最後まで頑張りますので応援よろしくお願いします。
シヒョク:今日もたくさん観に来てくれて本当にありがとうございます。最後までたくさん楽しんでください。
ゴンヒ:今日もよろしくお願いします。
ジュンシク:この映画を観に来てくれて本当にありがとうございます。いい思い出になってください。
ソンホ:足り部分もありますが、頑張って撮ったから応援よろしくお願いします
桃瀬美咲:本日はご来場誠にありがとうございます。桃瀬美咲です。今日は是非楽しんでいってください。よろしくお願いします。
村エミコ:皆様、今回はありがとうございます。小学生の頃のあだな「粘土」でした、川村エミコです(笑)。

IMG_5233.JPG

MC:今回 初主演作品が公開ということで率直に今の気持ちをお聞かせください。

ヨンウォン:まず、初出演の映画ということで皆さんの反応が予想がつかなくてドキドキしました。皆さん今日いかがでしたか?喜んでくれて本当にありがとうございます。嬉しいです。今回の映画には、皆さんに伝えたいメッセージがこめられています。よければまたもう一回観てほしいです。
ドゥファン: Apeaceの初めての映画だったし、僕たちは、いつもファンの皆さんの顔を見ながら歌ったり、踊ったり、演じたりしてきましたが、カメラを見ながら演技をするのは初めてだったので、大変だったところもありました。皆さんに楽しんでいただけで本当にありがとうございます。これからのイベントが決まってますので是非全部来ていただきたいと思います。応援よろしくお願いします。
ワンチョル:舞台で挨拶をするなんて、まるで俳優みたい(笑) 。あまり出演シーンはなかったのですが、僕が映るたびに、皆さんに幸せをあげたと勝手に思っているので、是非皆さんリプレイして、もう一回観てくださいね。
ヨンウク:今回映画は初めての挑戦だったですが僕たちApeaceの曲を使って、川村さんと川端さんと美咲さんと一緒に出演できて本当に嬉しかったです。これからも僕たちApeaceのことを面倒見てください(笑)。
ウォンシク:この台本を初めて見た時、本当に僕たちApeaceの話だなって思い、びっくりしました。この話を撮影しながら、ファンの皆さんに僕たちの話が伝わるのか、楽しみながら頑張って撮影しました。今日は、観に来てくださってありがとうございます。
J.D:僕たち12人で初めて映画出演しましたが、未熟なところも多かったと思いますが、可愛く見てくださっているからこそ、が今ここに立って挨拶が出来るのだと思います。是非これからも応援よろしくお願い致します。ありがとうございます。
セヒョン:僕たちにとって初挑戦だったんですけれど、僕たちは僕たちのありのまま全てを皆さんに伝えたかったんです。伝わってますか?これからもどんどんいろんなことに挑戦していきたいですね。皆さん応援よろしくお願いします。
ゴンヒ:初めての映画で、みんな緊張したり、難しいところもありましたが、すごくいいスタッフさんたちが助けてくださって本当に楽しい時間を過ごしたと思います。是非たくさん観に来てください。
シヒョク: Apeaceの初めての映画だから足りない部分もいっぱいあったと思いますが、本当に頑張って撮ったから最後までずっと、これからもずっと応援してください。ありがとうございます。
ジュンシク:足りない部分がスタッフさんが手伝ってくれて本当にいい映画になったと思います。よろしくお願いします。
ソンホ:撮影はちょっと恥ずかしかったです。いろんなスタッフさんたちとか俳優さん女優さんたちに手伝っていただき本当に感謝しています。これからも手伝ってください。本当に幸せでした。ありがとうございました。

IMG_5234.JPG

MC:Apeaceの皆さんとは今回初めての対面、初共演ですが、いかがでしたか?

百瀬:三日間くらいの短い撮影期間だったんですが、本当に皆さん優しくて、休憩の時間になると、お菓子を一個ずつ皆さんくださるんですね。飲み物も「喉が渇いてるでしょ?」と1人1人コップをくださって、わたしの回りは コップだらけになったり(笑)。本当に優しくしていただいて、楽しい撮影期間でした。ありがとうございました。
川村:本当に皆さんイケメンで、ずっとニヤニヤしていたんですけれど(笑)。ワンシーンの参加だったのでトータル三時間くらいの撮影時間ご一緒させていただきましたが、Apeaceの皆さんのおかげで、女性ホルモンが活性化しました(笑) 。イケメンですよね~!
 
MC:撮影に苦労したところや思い入れのあるシーンをお聞かせください。

セヒョン:ひとつエピソードがあります。映画の中でヨンウォン以外のメンバーはヨンウォンが辞めることをみんな知らないのに 美咲ちゃんが言っちゃうところがあるんですが、みんながもう真面目になってヨンウォンに「なんで僕たちには言わなかったんだ?」と言うんですが、ゴンヒがその時言う(韓国語の)セリフを台本通りに言えばいいのに、緊張していてか(韓国語の)方言で言ってしまって、笑っちゃダメなシーンなのに みんなの顔が笑いすぎて・・・・(笑)
ヨンウク:何回も撮りました。
セヒョン:おもしろくて(笑) ゴンちゃん(ゴンヒの愛称)ありがとう。ゴンちゃん自身が一番笑ってました。
ドゥファン:ヨンウォンさんが(映画の)最後泣くじゃないですか。台本通りだと「俺、戻ってきていい?」という素直な気持ちを伝えるところだったんですが、他のメンバーは台本通りだと気持ちを抑える場面なんです。泣いちゃダメだし、(戻ってきて)いいよっていう雰囲気を出してはダメなのに、アニキが泣いちゃうからしょうがない、みんな同じように号泣しちゃって・・・ヨンウォンさんの涙やメンバーの涙をを久しぶりに見ました。家族が泣いちゃえば心が痛いし、長い間一緒にやってきた仲間だなって改めて感じられたシーンでもあったんでそれが記憶に残っています。
ヨンウォン:僕が今回映画で泣くシーンとかいろいろありましたが、僕にとって記憶に残っているシーンは「映画の中で映画」っていう設定でメンバーたちがケンカをするんです。その時演じながら心が痛かったんです。それで泣くシーンも、短い撮影時間でしたが(その時間の中で)僕にとってApeaceはどういうものなのかっていうのが改めて心の中に何度か来ました。
ヨンウク:目が赤いですよ。
ヨンウォン:泣かないですよ(笑) 皆さんは5年もApeaceを(応援してくださり)よく知っていると思います。(僕は)改めてApeaceのことが大事になってきたし、そういう気持ちと、いつも守ってくださっている皆さんのことを本当に大事だと思いました。

MC:川村さん、百瀬さんから最後に一言お願いします。

百瀬:フェイクドキュメンタリーということで、桃瀬美咲として皆さんと演技させていただいたんですが、最後のヨンウォンさんの気持ちを伝える場面とか、韓国語で何を言っているかわからなかったのに気持ちがすごく伝わってすごくいい勉強になりました。是非何度も観ていただけたらうれしいなと思います。
川村:ドキュメンタリー風ということで、普段の演技と、演じなくちゃいけないのに素じゃなくちゃいけないっていうところが、すごく難しかったと思いますが、皆さんのいいところをたくさん感じてちょっとウルウルしちゃって・・・。Apeaceの皆さんのステキなところがこの映画にはたくさん詰まっていると思うので、皆さん10人ぐらいの人に「この映画よかったよ」と伝えてもらい、ひとりでも多くの人に観ていただけるようにみんなで出来たらいいなと思います。本日はありがとうございました。

IMG_5403.JPG

舞台挨拶のあとマスコミ向け囲み取材では、ケンカのシーンについて、「映画の中で、ソンホさんと僕、二人で言い合いをしていますが、僕とソンホさんは、よくあることです」とドゥファン。それを聞いたヨンウォンは「優しい弟たちが、ケンカするって怖かった」と本音がでる場面も。

役名についてはウォンシクは、「僕はへび年生まれなので、“スネーク”」ドゥファン「僕は“マル”ですけど、一回も劇中で呼ばれてないです(笑)」ワンチョル「僕は“トム”でした」シヒョク「僕は“ジェリー”で ワンチョルとたまにケンカするので二人でトムとジェリー」スンヒョク:「僕は“クロ”でした。お肌が黒いんで~(笑)。黒が似合っている人みたいな」ソンホ「僕は“マーク”」セヒョン「僕スンヒョクお兄さんから “オスカー”オ・セヒョンなので“オ”がつくオスカー」ヨンウク「僕は“ケイ” UK(ユーケー :ヨンウクのウク=UK)だから ケイ。一回も呼ばれてないけど…」ヨンウォン「好きな俳優さんが レオナルド・ディカプリオだから。“レオ”」J.D「僕は ハリーポッターが好きで“ヘリー”ゴンヒ「僕は“チル”韓国語で“7”っていう数字でチル・なな・セブン・・・ラッキーな意味で・・・」ジュンシク:僕は、僕の名前のジュンシクの“J”です。とそそぞれに意味があることが判明。

最後にヨンウォンが「Apeaceは俺の誇りだ!」と劇中のセリフを感情込めて届け、会見はここで終了しました。

リーダーヨンウォンは兵役のため 2015年12月末をもって一旦Apeaceの活動を休止。
「Apeaceは俺の誇りだ!」はまさに本人の心からの声と感じた映画「Once Again」は期間限定なのでぜひご覧いただきたい作品です。

【Apeace プロフィール】
2011 年結成 全員身長180 センチ以上の男声K-POPグループ。デビューより東京・恵比寿の専用劇場で、約3年半で2199
回というロングラン公演を行いファンを魅了してきた。
2014 年からはグループ体制を15 人に変え、より活動の幅を広げ活動中。個々の魅力を活かし、よりパフォーマンス力に磨きをか
け、K-POPに新しい風を呼び起こす。

Apeace 主演映画
タイトル:Once Again
Story
カメラがとらえたApeace の真実――。
日本デビュー5周年を迎えたApeace の初主演映画が決まった。初めての演技、日本語での芝居に悪戦苦闘する彼らに密着。
次第に、今まで語られることのなかった彼らの本音が見えてくる。
メンバーは本当に仲がよく、親友のような関係。
でも、本気のケンカをしたことはないなあ、とみんな少し思っている。
そんな自分たちは、本当の親友だと言えるのだろうか?と思う時がときどきある。
そんな彼らの前に現れた、悪評高いワガママ女優。「ヨンウォン、Apeace 辞めるんだって」
親友のように仲がいいと思っていたのに、なぜメンバー以外の人物からこんな大切なことを聞かなければならないのか。
憤るメンバーたち。
Apeace が突き進む先にあるものとはいったい――。


 

監督 ウエダダイスケ
脚本 蛭田直美
プロデューサー:永井 徹 / 津嶋敬介(ホリプロ)/ 石田麻衣(ホリプロ)
アソシエイト・プロデューサー:梁權相
撮影:長谷川哲也 / 照明:坪川洋子 / 録音:片山演隆、阿保毅 / スタイリスト:重田沙織、慶田盛麻実、(Apeace PV衣裳担当) / ヘアメイク:板津勝久、三根英世、鈴木未希子
宣伝:丸山智宏(ユニバーサルミュージック&EMI アーティスツ)
宣伝協力:K-PRESS
制作プロダクション:ホリプロ 配給協力:KADOKAWA
企画・製作・配給:ユニバーサルミュージック&EMI アーティスツ /CONTAINER
2015 / 日本 / 60 分 / カラー / ヴィスタサイズ / ステレオ ©2015 UNIVERSAL MUSIC LLC.

キャスト
・Apeace ・桃瀬美咲・川村エミコ(たんぽぽ)・西尾季隆(X-GUN)・川畑要(CHEMISTRY)

・11.21 SAT ~ 11.27 FRI ロードショー
・角川シネマ新宿 / シネマート新宿

【上映スケジュール】
■11月22日(日)
13:30 シネマート新宿 
16:00 角川シネマ新宿

■11月23日(月)
16:00 角川シネマ新宿シネマ2
17:15 シネマート新宿スクリーン2

■11月24日(火)~27日(金)
13:30 角川シネマ新宿
16:00 シネマート新宿

【登壇メンバースケジュール】
下記日程で各上映後メンバーの登壇がございます シングル「Just Once Again」通常盤に封入されている握手券をお持ちのお客様は握手会にご参加いただけます。なお、映画館でのCDの販売はございません。
11月22日(日) ヨンウク  J.D ドゥファン
11月24日(火) ワンチョル シヒョク セヒョン
11月25日(水) ヨンウク  スンヒョク ヨンウォン
11月26日(木) ウォンシク ソンホ ジュンシク
11月27日(金) ヨンウォン ゴンヒ セヒョン

【価格】
・ 11/22~27(11/23を除く)¥3,000(税込)
・ 11/23(月祝)チケット ¥1,800(税込)※メンバーの登壇はございません

●映画パンフレット発売
Apeace主演映画「Once Again」パンフレット
価格:3,000円(税込)
ページ数:24P/オールカラー
発売日:UNIVERSAL MUSIC STORE 11/18より発売
2015年秋公開のApeace初主演映画「Once Again」の映画パンフレット発売決定!!
劇中で使用される未発表の新曲「Brand new days」(CD化未定)がダウンロードできるMUSIC Connecting Card付

主題歌
Apeace 「Just Once Again」
作詞:Taka Ruscar
作曲:STEVEN LEE, Andreas Oberg, Anderz Wrethov
Produced by STEVEN LEE
挿入歌
Apeace 「Love At First Sight」
作詞:Taka Ruscar
作曲:Magnus Bertelsen
Produced by Magnus Bertelsen
Apeace 「Brand new days」
作詞:Taka Ruscar
作曲:Fredrik "Figge” Bostrom, MUSOH
Produced by MUSOH

★ニューシングル Just Once Again
2015 年11 月18 日(水)RELEASE

[収録曲]
1 Just Once Again
2 Love At First Sight
3 Just Once Again (Instrumental)
4 Love At First Sight (Instrumental)
※CD の収録内容は全形態共通
【商品形態・収録内容】初回盤_low.jpg

▼限定盤 <CD+DVD+MUSIC Connecting Card>
POCS-9106 価格:¥2,500(税込)
・DVD 収録内容:M1 曲のMUSIC VIDEO+Apeace 主演映画特報を予定
・CD と同音源がダウンロードできるMUSIC Connecting Card 封入

UMストア盤_low.jpg

ソロ盤_low.jpg▼ 通常盤< CD + MUSIC Connecting Card + 握手会参加券>
POCS-1370 価格:¥1,200(税込)
・CD と同音源がダウンロードできるMUSIC Connecting Card 封入
・ニューシングル発売記念スペシャルイベント
【第二部】メンバー全員握手会参加券封入

通常盤_low.jpg

★Apeaceオフィシャルサイトhttp://apeace.jp/
★Apeaceユニバーサルオフィシャルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/apeace

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

京都映画祭りバナー

中国映画週間バナー

 

映画/舞台の最新記事

[Copy selction] [Translate With Google]