チェコで初登場第1位!『トイ・ストーリー3』を上回る大ヒット!第69回アカデミー賞®外国語映画賞受賞ヤン・スヴェラーク監督作『クーキー』公開決定&ビジュアル解禁のお知らせ

 
『コーリャ 愛のプラハ』(96)でアカデミー賞®を受賞したヤン・スヴェラーク監督作『kuky se vraci』が、『クーキー』という邦題で8月より全国順次公開することが決定いたしました。本作は、チェコのアカデミー賞といわれるチェコ・ライオン賞で4部門を受賞。本国では2010年5月に公開され、初登場1位を記録するだけでなく、年間でも『トイ・ストーリー3』『トワイライト サーガ』などのハリウッド大作を抑えての大ヒットとなりました。

kooky_T_chirashi_omote_小.jpg

~世界一“へなちょこ”なテディベアの不思議な冒険!~
本作は、チェコを代表する映像作家ヤン・スヴェラーク監督の、チェコの『トイ・ストーリー』ともいえる、捨てられたテディベア“クーキー”の数奇な運命を描いた物語。誰もが子供のころ経験したおもちゃとのせつない思い出を、実写とパペットの見事な組み合わせで魅せた。“ちょっと変な”という意味を持つクーキーの、可愛くて、ちょっと奇妙な、そして心温まる大人のためのワンダーランドへようこそ!

~チェコを代表する技術の見事な融合!~
ヤン・スヴェラーク監督は、『コーリャ 愛のプラハ』で第69回アカデミー賞®外国語映画賞を受賞。そして、スタジオジブリが初めて洋画を国内配給した作品として知られる『ダーク・ブルー』(01)の監督でもある。本作では、チェコ伝統のマリオネット(操り人形)による人形劇に挑戦。スタジオを飛び出して実際の森の中にロケセットを組み、予定の3倍となる100日間もの撮影を敢行した。へなちょこテディベア“クーキー”のデザインを手掛けたのは、チェコを代表するゲーム・クリエイター集団“アマニタ・デザイン”。ユニークなミニチュアとVFXを使い、イマジネーション豊かで魔術的な世界が誕生した!

【STORY】弱虫で甘えん坊のテディベア、クーキーの必死の大冒険!
オンドラは体が弱く、ぜんそく持ちの男の子。小さなころからテディベアのクーキーとずっと一緒に遊んできた。しかし古くなってしまい、汚れがぜんそくにも悪いということで、ある日母親がゴミと一緒に捨ててしまう。待ちから遠く離れたゴミ捨て場に捨てられ、ショベルカーに潰されそうなった瞬間、クーキーはひょっこりと動き出してゴミ捨て場を駆け下り森に逃げ込んだ。森の中には邪魔ものが次々現れ、クーキーの行く手を阻む。はたしてクーキーはオンドラの待つ家にたどり着くことができるのか!

kooky_chirashi_ura_小.jpg

■監督・脚本・製作:ヤン・スヴェラーク『コーリャ愛のプラハ』『ダーク・ブルー』 ■キャラクター・デザイン:アマニタ・デザイン ■主演:オンジェイ・スヴェラーク
■2010/チェコ/原題:KUKY SE VRACI/95分/カラー/5.1ch/16:9 ■©2010©Biograf Jan Svêrák, Phoenix Film investments, Ceská televize a RWE. ■提供:メダリオンメディア ■配給・宣伝:アンプラグド ■公式サイト:kooky-movie.com

8月、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!
★5.16~6.26”カリコレ2015“にて上映決定★

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

WORLDの最新記事

[Copy selction] [Translate With Google]